自動車税とは

廃車、処分、環境関連の用語解説!

home sitemap
お電話総合受付 092-710-5593

自動車税について

車にかかるお金について・・・車体代金、ガソリン代、保険料・・・・などなど、その中でも毎年かかってくるのが自動車税です。

自動車税とは、普通車は都道府県税、軽自動車税は市町村税として納付する税金です。 毎年4月1日の時点での自動車の所有者、つまり車検証上の所有者に課税されます。納税通知が5月上旬に自宅へ届き、5月末までに1年間(4月から翌年の3月まで)の税金を納めます。

つまり、自動車税というのは先払いしているのですね。 ちなみに滞納すると延滞金が発生し、滞納が続くと差し押さえの可能性もあるので必ず期限内に収めましょう。

先払いとなる自動車税は払いすぎた税金の還付を受けることができる場合があります。つまり4月から翌年3月までの間に自動車を廃車・抹消登録した場合、抹消登録の翌月から翌年の3月までの間の自動車税を月割り計算にて還付を受けることができるのです。

公道を走れなくなる一時抹消と完全に車が使用できなくなる永久抹消の2種類があり、どちらでも還付を受けることができます。つまり、4月以降の廃車と3月までの廃車では還付金の差が出てくるんですね。なぜかというと「毎年4月1日現在の車の所有者に課税される」という決まりがあり、4月に廃車した場合は4月分の自動車税の支払義務があります。そのため廃車を考えるなら3月末までに行うと、1か月分の税金を支払わずに済みます。 では、具体的に自動車税はどれほどかかるのか?実は税額というのは自動車の用途や排気量によって細かく分かれています。

排気量の小さい軽自動車が一番安く、自家用軽自動車であれば一律で7,200円か10,800円となります。その後は0.5リットルごとに上昇していきます。

参考までに一般的な税金は下記のようになります。 排気量が1リットル以下の場合29,500円 排気量が1リットル超~1.5リットル以下の場合34,500円 排気量が1.5リットル超~2リットル以下の場合39,500円 排気量が2リットル超~2.5リットル以下の場合45,000円 排気量が2.5リットル超~3リットル以下の場合51,000円 排気量が3リットル超~3.5リットル以下の場合58,000円 排気量が3.5リットル超~4リットル以下の場合66,500円 排気量が4リットル超~4.5リットル以下の場合76,500円 排気量が4.5リットル超~6リットル以下の場合88,000円 排気量が6リットル超の場合111,000円 車にかかるお金のこと、特に税金の事を知って、賢く買って賢く廃車しましょう。

用語集ページへ戻る

廃車REXのTOPへ戻る

PAGE TOP