フロンガスとは

廃車、処分や処理、買取周辺の用語解説!

home sitemap
お電話総合受付 092-710-5593

フロンガスを詳しく説明していきます!

地球温暖化やがんを発生させる可能性のある紫外線をこれ以上増やさないようフロンガスをリサイクルすることが義務付けされています。

フロンガスは、クロロフルオロカーボンという本来の名称がありますが、エアコンや冷蔵庫、自動車の冷媒や断熱材に利用されています。また、工業製品やプリント基板等工場でも洗浄剤として利用しているところもあります。また、ウレタンフォームという発泡剤としてスプレー缶でも利用されているのです。また、中には有害な物も存在しているのです。

そして、このフロンガスは、成層圏のオゾン層を破壊する1要素となっており、宇宙からの太陽光紫外線をより増加させてしまうこととなるため、その放出を出来るだけ防ぐ、処分方法がクローズアップされています。

つまり、処理方法をきちんと考慮して行う必要性があるのです。 なお、このガスは、紫外線のみならず、熱も通しますので、温室効果がひいては地球温暖化へと繋がってしまうのです。そのため、他の不要品と同様、出来る限り再利用することがもっとも望ましいのです。

自動車リサイクル法ページへ戻る

廃車REXのTOPへ戻る

PAGE TOP