委任状とは

廃車、処分、環境関連の用語解説!

home sitemap
お電話総合受付 092-710-5593

委任状について

車の廃車を行う際、自分で手続きを行うことができますが、忙しかったり、手続きが良く分からなかったり、いろいろな 事情で代理人にお願いする事も多いですよね。

例え家族名義の自動車であっても必要不可欠なのが委任状です。 法律的要件を満たしていれば便せんに書いてもかまわないのですが、現代は申請内容にあった委任状が国土交通省のホームページ上にありますので、用途に合った用紙をダウンロードして使うと間違いないでしょう。

また、申請や代書の専門家もいますので相談されるのも一つの選択肢です。 実は単純な記載ミスによる申請ができず、何度もやり直し、陸運局に出向いたなどのトラブルも多く聞かれます。委任状は修正ペンで訂正ができません。記入漏れや起債間違いにはくれぐれもご注意ください。

具体的内容は、受任者の住所・氏名 、委任者の住所・氏名(委任者本人が記入)、 委任した年月日、 委任内容、 自動車の登録番号、 車台番号、 委任者の実印(印鑑証明書と同じ実印)などが必要事項となります。 委任状以外は自分で廃車するときの書類と同じ物を準備します。

マメ知識、番外編として 自動車の所有者(名義人)が海外にいる場合など廃車手続きについて。 車検証、 住民票の除票、 サイン証明書(印鑑証明書の代わり)、 委任状、 譲渡証明書、 ナンバープレート2枚 場合によっては戸籍の附票も必要となるケースもあります。このように自動車の名義人が海外にいる場合は提出書類は多くなり手続きも複雑になります。

用語集ページへ戻る

廃車REXのTOPへ戻る

PAGE TOP