ゼロ・エミッション(zero emission)とは

廃車、処分、環境関連の用語解説!

home sitemap
お電話総合受付 092-710-5593

ゼロ・エミッション(zero emission)を詳しく説明していきます!

ゼロ・エミッション(zero emission)とは、様々な産業活動を通して排出される廃棄物のことを指しており、国連大学が提唱した構想の一環です。

要点としては、自然界への排出ゼロを目指して行う取組です。 またはそのシステムです。これはリサイクル活動の一環とも 取れるのですが、産業で発生した廃棄物を社会に役立つよう、 有効利用させる、または循環させることが軸となっています。

国連大学が提唱とした4Rや3Rのみではなく、その枠を超えて、産業廃棄物の処理や発電も関わる壮大な規模で検討することで、よりエネルギー資源を有効に活用することができるのです。

これにより、地球規模で、環境保全に繋げることもできますし、温室効果ガスの削減にもつなげることができます。

人類の文明はそもそもゼロ・エミッションからはじまり、 経済や商業の発展に伴い、産業文明の排出が自然界を汚す ことになっています。自然破壊ならまだしも、人的災害とも 言えるような環境汚染は、なるべく排出させず、循環させる 工夫が必要です。また、商売や商業を優先するあまり、 解決難しい自然破壊を伴うような活動は、後先を考えない 行為であり、環境保護の概念を次世代へと引き継ぐ必要が あるのです。

具体的には、製造工程や原材料からきちんと精査し、余分な廃棄をできるだけ出さないような取り組みが、今後一層求められています。物質分解や化合物などの技術革新も取り入れ、ゴミを無くして、地球温暖化を出来る限り防ぐ取り組みが早急に必要を迫られています。

用語集ページへ戻る

廃車REXのTOPへ戻る

PAGE TOP